Let's go to すみだ北斎美術館.『THE北斎』が開催中!

いつも当ブログをお読みいただきありがとうございます。

また散歩に出かけてきました。今回は珍しく目的がある散歩で、墨田区、両国にある”すみだ北斎美術館”へ歩いて行ってきました。

なぜすみだ北斎美術館へ行きたかったのかというと、現在『THE北斎』が開催中で常設されている葛飾北斎の作品だけでなく、100年余り行方不明になっていた北斎が描いた7mにも及ぶ肉筆画『隅田川両岸景色図巻』が今回展示されていると知ったからです。

『THE北斎』

―冨嶽三十六景と幻の絵巻―

期間:2021年7月20日(火)~9月26(日)

常設展示と特別展を両方見ることができるチケット!右上の絵は人によって違い、私は 『冨嶽三十六景  尾州不二見原』

よく知られている『冨嶽三十六景 凱風快晴』や『 冨嶽三十六景  神奈川沖浪裏』を見ることができましたし、 冨嶽三十六景がどの辺りで書かれたのか地図で示してくれていたので、想像しながら見ることができました。

展示は4章に分かれて展示していました。

第1章 冨嶽三十六景 のすべて

第2章 橋と滝の絶景

第3章 花と鳥、虫たちの楽園

第4章 幻の絵巻、隅田川両岸景色図巻

約100点(版画、浮世絵、挿絵、絵本)以上が展示されており、楽しく見ることができました。細かく描かれているポイントは大きくズームにされて解説があったので、改めて北斎の細かさ、描写力を見ることができました。

子育て中の時にはやはり気が引けて、美術館からは遠のいていました。今思えば、感受性豊かな子に育ってほしいと思っていたので、一緒に行くべきだったのかなと思います。 子供の時から名画を見て、感じることは人生の可能性を広げることに繋がる非常に重要なことだと思います。また、家族で美術館に訪れ、お子様の感じたことに耳を傾け、親御さんが感じたことを伝えてあげるということもとても大切だと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。