【学校紹介】武蔵野中学高等学校(後半:インタビュー&入試情報)

学校紹介:インタビューNo.32

チャレンジ精神をもった生徒たち

武蔵野中学高等学校

他者理解

👇👇👇インタビュースタート👇👇👇

Q1~Q16は昨日のBlogで掲載しています。チェックしてね!

✐✎✐✎高等学校✐✎✐✎

Q16:特進ステージと進学ステージは入試の時点で決まりますか。1年から2年、2年から3年に進級する際に変更できますか。

A16:入試の時点で入試要項の基準が若干違います。特進ステージの生徒は勉強ができる子というよりは、(内申点が)4と3が半々で勉強は嫌いではないけど、もうひと伸び足りない子に本校では3年間で伸びてもらいます。

1年から2年生の進級の際に少し移動します。1年生の時に特進ステージだと勉強とクラブの両立が難しいという生徒もいますし、逆に中学の時は評定を含めて特進まではとどかなかったけど、1年間勉強して実力を付けて特進に変更したいという生徒の入れ替えを行います。人数は毎年3~4名くらいです。2年から3年は選択教科の関係で基本的にはコース変更はできません。

Q17:指定校推薦はどちらのクラスでも取ることができますか。

A17:どちらのクラスにいても取ることができ、中堅大学を中心に多くの指定校推薦枠があります。高校1年生の時は指定校で進学を考える生徒が多くいますが、学習が進んでくると、より上位校にチャレンジするため、指定校枠を利用するより、総合型の受験を選択する生徒が増えています。

✐✎✐✎進路サポート✐✎✐✎

Q18: 7限目に英語・数学の講習を行っていますが、誰でも参加できますか。

A18:基本は特進の生徒を中心として7限があります。もちろん受験科目に備えて世界史や日本史など、社会の科目や、理系の生物、化学も講習を行います。ただ高校3年生になると進学の中でも選抜クラスを1クラス作るので、選抜クラスの子は特進の生徒と一緒に7限を受けることも可能です。進学選抜クラスは希望で入ることができますので、受験に備えて7限目に積極的に受講したい生徒が入っています。

Q19:長期休暇中に講習を行っているようですが、何講座準備されていますか。希望制ですか。

A19:まもなく冬休みで合同勉強会を行いますが、これは自学自習の環境づくりのためにしています。この間に勉強の時間を用意して途中で英語の模擬試験を入れます。大学受験に必要な自学自習の習慣をつける意味合いが強いです。特進ステージの生徒だけでなく、一般受験を考える進学ステージの生徒も参加が可能です。

Q20: 自習室はありますか。何席準備されていますか

A20:(別棟に)進学情報センターという施設があり、夜9時まで学習することが出来ます。自学自習のブースが約100席あり、学習用のプリントを自由に利用することが可能です。入退室時に保護者へメールが送信されるので、部活動が終わったあとの時間でも安心して学習することが出来ます。自学自習のスペースだけでなく、別途費用が必要ですが、『生物を1教科受講したい』、『英語だけ取りたい』など、マンツーマンの講座を受講することも可能です。2年生の後半位から、大学受験に必要な教科を、1・2コマ受講する生徒が多いようです。

Q21:高校三年間のカリキュラムを早く終わらせて大学受験に向けてのカリキュラムに変えることはありますか。

A21:特別していません。

Q22:最終下校は何時ですか。

A22:最終下校は5時半です。クラブ活動を行う生徒は5時半になります。その後、必要があれば情報センターに行って9時まで勉強することができます。

Q23:外部の予備校へ通っている生徒はいますか

A23:多くはありませんが、自分で予備校を見つけて通っている生徒はいます。割合としては1割行くかいないかで少ないです。情報センターで勉強するのは費用がかかりませんし、必要な部分だけコマを取ることもできるので、そちらで勉強している生徒が多いです。

Q24:武蔵野学院大学、短期大学へ進学する生徒はどのくらいいますか。他校との併願はできますか。

A24:2割くらいです。以前女子校だったころは短期大学の幼児教育への進学が多かったですが、昨今小学校の免許も取りたいと4年制大学へ進学する生徒が増えてきているので、少し(短期大学への進学が)少なくなっています。学校内で推薦基準はありますが、きちんとしている生徒は系列大学(短期大学)へ進学できます。他校との併願ですが、基本的には本校の内部進学テストは武蔵野学院大学、短期大学を第一希望として前提で行っていますので外部受験の結果を待ってAO受験をする形になります。受ける際には、内部受験と同じような形で行いますので、受験するときには併願という形ではありません。

✐✎✐✎その他✐✎✐✎

Q25:高校入学においてスポーツ推薦を行っている競技はありますか。

A25:このスポーツでないといけないという事はありません。現行、水泳、陸上、卓球、柔道は男子だけですがあります。この4つのクラブは継続的にスポーツ推薦を行っています。

Q26:武蔵野中学高等学校の施設は他にありますか。

A26:以前は総合体育館が少し離れたところにありましたが、今はここだけです。埼玉県狭山にある大学と短期大学、幼稚園です。箱根にも施設がありますが、コロナで2年以上使用していませんので、今後どうするのか思案中です。

Q27:心のケアはされていますか

A27:週に一度、スクールカウンセラーの方に来ていただいています。また、本校では生徒が日々の学校生活や学習スケジュールを記載するセルフチェックノートを活用しています。セルフチェックシートを担任が確認するなかで、気になった生徒とはすぐに二者面談をおこなうようにしています。年には2回実施する三者面談と合わせ、面談の機会が多くし、日常的に生徒の心のケアをおこなっています。

Q28:武蔵野中学高等学校らしい生徒とはどのような生徒ですか

A28: 潜在的に力を持っていても、なかなか自分に自信が持てない、一歩前に踏み出せない生徒さんも多いと思います。そのような生徒さんが本校に入学し、行事や勉強、クラブ活動等で自信をつけ、それをきっかけに成長してもらいたいと思っています。学校生活を前向きにとらえ、チャレンジ精神をもった生徒が多いので、高校生活に夢や意欲がある受験生は、是非武蔵野に入学していただきたいです。

Q29:武蔵野中学高等学校として知っておいてほしいことはありますか

A29:生徒一人ひとりへの声掛けが多い学校です。在校生は先生との距離が近いという言い方をしてくれます。親しげに話すというよりも、教職員が生徒たちに関心をもって、アプローチをしていますので、自主性を重んじなんでも自分で出来る生徒にとっては、もしかしたら少し『うるさい』と思うかもしれません。学校生活のさまざまな場面で、担任だけでなく多くの教員が声掛けをすることで、生徒の皆さんは安心感をもって学校生活が過ごすことが出来ていると思います。

👇👇👇入試情報👇👇👇

✐✎✐✎2022年度中学校生徒募集要項✐✎✐✎

第1回第2回第3回第4回
入試日程2月1日(火)2月2日(水)2月3日(木)2月4日(金)
募集人数30名20名10名10名
入試科目2科
アクティブ
適性検査A
2科・4科
アクティブ
適性検査B
2科2科
※詳細については学校へお問い合わせください

✐✎✐✎2022年度高等学校生徒募集要項✐✎✐✎

■推薦入試■

推薦入試A(Ⅰ型・Ⅱ型)(単願)

3科5科9科
進学ステージ81324
特進ステージ101729

推薦入試B(公立高校併願)※埼玉・千葉県対象

3科5科9科
進学ステージ91426
特進ステージ111831

■一般入試■

3科5科9科
進学ステージ91426
特進ステージ111831

※詳細については学校へお問い合わせください

■加点制度■

◇推薦入試・一般入試(併願優遇)

中学校生活において以下の項目に該当する場合3科・5科・9科の評定に『1』を加点します。

・英語検定、漢字検定、数学検定の何れかで3級以上取得

・生徒会会長

・学級委員長

・クラブ部長

・その他本校が学習面、生活面において顕著な活躍があったと認めた場合

◇一般入試(第一志望)

本校を第一志望で受験する場合、学力しけんの合格点に『20点』を加点します。

👇👇👇最後に👇👇👇

塾からはバスと都電荒川線を乗り継いで約1時間で学校に到着です。

✐✎✐✎情報センター✐✎✐✎

部活動後、夜9時まで勉強ができる情報センター!

✐✎✐✎ スポーツ施設 ✐✎✐✎

✐✎✐✎ その他の施設 ✐✎✐✎

Follow me!

【学校紹介】武蔵野中学高等学校(後半:インタビュー&入試情報)” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。