自分で考え行動出来る子に

自分で考え行動できる子になってほしい。

これは塾長として生徒の成長を考える中で重要なテーマです。

自分で考え動く「自主性」を育むにはどのように接したらよいのでしょうか。

私の考えるポイントをまとめてみました。

ステップ1:お子様の話をよく聞きましょう。

自主性は自分でやりたいことを見つけることから始まります。

まずはお子様の話を聞きながら目標を見つけましょう。

習い事、外出先、旅行など、お子様の意見を聞き、それを取り入れてみましょう。

お子様の考えた通りに行ってみて、失敗してもいいのです。


ステップ2:自分で計画を立てさせよう!

家族の計画をお子様の好きなように任せてみましょう。

小学校、中学年になれば、ある程度計画を立てることができます。チャレンジ!

旅行の計画、食事、習い事の振替日など、お子様が携わるものなら自分で考え計画を立ててもらいましょう。

自分が計画したことで、周りの人が喜んでくれたら、ますます多くのことにチャレンジしたくなるでしょう。



ステップ3:失敗を恐れない。

失敗しないように御ぜん立てをすることはNG。(親御さんの我慢の練習です。)

失敗して多くのことを学びます。

親として子ども失敗に対して、「あなたならできる」と励ますことで、子どもを次の道に導いてあげることが大切だと思います。


ポイント:過保護にならないように、放任にならないように

親が全部決めてしまえば、簡単なことが多くあります。かといって、ほったらかしてはいけません。

お子様の自主性を育むためには、ある程度、自由に考え、行動できるように余白を残しておきましょう。

あれダメ、これダメと禁止事項が多く設定することは、自主的な行動に制限をかけることに繋がります。

程よく距離を保ち、任せてみるのがよいでしょう。

もちろん、他人に迷惑をかけたり、身に危険なことは、あらかじめ伝えておかなければなりません。

お子様の「自主性」を育むために、またより良い成長を促すために口は出さず、見守ることが、大切でしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です