入試で押さえておきたい日本のこと【ノーベル賞】

いつも当ブログをお読みいただきありがとうございます。

今回は[入試で押さえておきたい日本のことシリーズ]、ノーベル賞についてお届けします。

数年に一度、日本人がノーベルを受賞されているのをニュースで見ることがあります。一体ノーベル賞とは何かを確認していきましょう。

✐✎✐✎ノーベル賞とは✐✎✐✎

スウェーデンの発明家アルフレッド・ノーベル(1833〜96)の遺言に基づき、物理学、化学、生理学・医学、文学、平和の各分野で「人類に最大の貢献をもたらした人々」に贈られる賞です。後に、経済学分野も追加され、今では6つの賞があります。


毎年、各賞最大3名まで受賞。受賞者には、賞金・賞状・メダルが授与されます。

✐✎✐✎日本人受賞者✐✎✐✎

現在28名が受賞されています。

受賞年名前ノーベル賞受賞理由
1949年湯川秀樹物理学賞「中間子理論」
原子核の陽子と中性子を結びつける粒子、中間子の実在を予言
1965年朝永振一郎物理学賞素粒子物理学を中心とする理論物理学の研究に大きな業績を残した。
1968年川端康成文学賞『招魂祭一景』(1921)『伊豆の踊子』(1927)『雪国』(1935-1937)
1973年江崎玲於奈物理学賞半導体におけるトンネル現象の実験的発見
1974年佐藤栄作平和賞非核三原則を提唱するなど太平洋地域の平和に貢献
1981年福井謙一化学賞化学反応と分子の電子状態に関する「フロンティア電子理論」を樹立
1987年利根川進生理学・医学賞「抗体の多様性生成の遺伝的原理」の発見
1994年大江健三郎文学賞『奇妙な仕事』(1957)『飼育』(1958)『個人的な体験』(1964)
2000年白川秀樹化学賞電気を通すプラスチック、ポリアセチレンの発見
2001年野依良治化学賞ルテニウム錯体触媒による不斉合成反応の研究が評価された。
2002年小紫昌俊物理学賞岐阜に建設された素粒子観測装置、カミオカンデで素粒子ニュートリノを
世界で初めて観測
2002年田中耕一化学賞生体高分子の同定および構造解析のための手法の開発
2008年下村脩化学賞「緑色蛍光タンパク質(GFP)」の発見・開発
2008年益川敏英物理学賞小林誠氏と合同で「CP対称性の破れ」を理論的に
説明した「小林・益川理論」を提唱。その正しさが認められた。
2008年小林誠物理学賞益川敏英氏と合同で「CP対称性の破れ」を理論的に
説明した「小林・益川理論」を提唱。その正しさが認められた。
2008年南部陽陽一郎物理学賞「自発的対称性の破れ」の発見
2010年鈴木章化学賞「有機合成におけるパラジウム触媒を用いたクロスカップリング」に成功
2010年根岸英一化学賞「有機合成におけるパラジウム触媒を用いたクロスカップリング」に成功
2012年山中伸弥生理学・医学賞iPS細胞の開発成功
2014年中村修二物理学賞青色発光ダイオードの開発成功
2014年赤崎勇物理学賞青色発光ダイオードの開発成功
2014年天野浩物理学賞青色発光ダイオードの開発成功
2015年梶田隆章物理学賞ニュートリノに質量があることを示すニュートリノ振動の発見
2015年大村智生理学・医学賞熱帯地域の寄生虫病の特効薬開発に成功
2016年大隅良典生理学・医学賞不要物の分解と同時に再利用も行う細胞の働き
「オートファジー(自食作用)」の存在を解明
2018年本庶佑生理学・医学賞免疫を抑える働きを阻害することで癌を治療する方法の発見
2019年吉野彰化学賞リチウムイオン電池の開発に成功
2021年真鍋淑郎物理学賞地球の気候をコンピュータで再現する方法を開発

日本人は物理学賞12名・化学賞8名・生理学・医学賞5名・文学賞2名・平和賞1名・経済学0名が受賞しています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。