進学相談会での質問リスト

ついに中学・高校の進学相談会が今年も始まりました。例年より早い時期から始まっています。

しかし・・・

進学相談会に来たけど、どの学校と相談しよう!何を相談・質問すればいいの?

準備をしないまま、いざ行ってみると学校や参加者の数に圧倒されてプラプラ歩き回る羽目になりかねません。

行きたい学校であれば、質問事項も湧き出てくると思いますが、

まだ学校すらよく分からない方が、知らない学校の話を聞くのは至難の業!

当日に焦らないための訪問する学校リストや質問リストを事前に作成しておきましょう。

もちろん、知らなかった学校との出会いも大切にしていただきたいと思っています。

お子さんに合う学校と出会うために何を知りたいですか。

今回は代表的な質問を挙げてみました。一つ一つ質問事項を確認していきましょう。

※※お金の話※※

□授業料、設備費、修学旅行代、制服代(夏・冬・バリエーション)教材費はどのくらい準備しておけばいいですか

(東京都の私立高等学校等授業料軽減助成金があるとは言っても実際どのくらい必要なのか聞いておきましょう。)

□海外研修はありますか。どこへ行けますか。どのくらいの費用がかかりますか。

(行かせたいけど、いくらかかるのか確認しておきましょう。)

□(私立のみ・・優秀なお子さんなら)特待生制度や奨学金制度はありますか、あればその基準を教えてください。

(入学金や授業料の補助があるなら活用するに越したことはありません。

当日の入試結果で決まる場合と内申点で決まる場合がありますので要チェック)

※※通学※※

□自転車通学は可能ですか。(電車だと遠回りで、自転車の方が近い場合があります。)

□最寄りの駅はどこですか。駅から学校までどの位かかりますか。

(通学時間は短いに越したことはない。自宅から遠すぎて通えない場合がないように聞いておきましょう。)

□最終下校は何時ですか。(下校時間+通学時間で何時に家に帰れるのかチェック)

□部活で他の施設への移動はありますか。(ハードな部活では他県にグランドや施設があったりするのでチェック)

※※学校の運営タイプ※※

□(私立のみ)単願・併願優遇制度の基準を教えてください。

(この学校に入るためにはどのくらいの成績が必要なのかをチェックしましょう。)

□教育する上でどのようなことに力を入れていますか。(生徒たちをどのように育てたいかがわかります。)

□卒業生の進路先をお聞かせください。

(四年制大学、短期大学、専門学校、就職の割合を確認しておきましょう。お子さんの進路先に関わる重要な事)

□指定校推薦はありますか、どのコースにいても指定校推薦は受けられますか。

(トップクラス(コース)は指定校推薦が貰えない学校があります。)

□文系と理系の割合を教えてください。(中には文系が充実、または理系が充実している学校がありますので要チェック)

□宿題はありますか。

(大学入試のために塾や予備校に通う必要があるか、学校で受験に向けた準備をしてくれるのかを含んだ質問です。)

□補習はありますか。

(大学入試のために塾や予備校に通う必要があるか、学校で受験に向けた準備をしてくれるのかを含んだ質問です。)

□英語の授業はネイティブが担当されていますか、週にどのくらいですか。

(実際にどのくらいのスキルが身に付いていますか英検2,準1,取得者の割合は?)

□〇〇部はありますか。

(入りたい部活がその学校にあるかチェック、楽しくする部活か、本気で頑張る部活なのかも聞けるといいですね)

□校則は厳しいですか。違反した場合どのようなペナルティはありますか。

(学校によって異なるので要チェック)

□(大学付属の場合)内部進学の割合をおしえてください。

(折角付属高校なのに外部進学をしなくてはならないことがあるのかを確認しておきましょう。)

□プールはありますか。(水泳が苦手なお子様にとって重要な事のようです。)

など、入学後の学校生活を想像し、我が子に合っているのかいないのか、学校選びの根拠となる質問です。

気になったら全て聞いてしまいましょう。

先生の雰囲気がいい、話しやすかった、優しそうと感じる場合があったり、その逆もあったりします。

学校を知るための絶好の機会を有意義に活用しましょう。

Follow me!

進学相談会での質問リスト” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。